天気予報ドットコム > > 春よ来い、早く来い!

春よ来い、早く来い!

桜の開花、ウェザーニューズは「遅め」予想

民間気象会社「ウェザーニューズ」(東京)は15日、今春の桜の開花予想を発表した。今月に入って冷え込んだ時期が続いたほか、3月中旬に寒さの戻りがあると見込まれ、開花は過去5年の平均と比べ全国的にやや遅くなるか平年並み、昨年に比べると遅くなるとしている。開花予想は気象庁が昭和30年から行ってきたが、今年から取りやめたため、現在は同社とウェザーマップ、日本気象協会の民間3社が精度を競っている。

ウェザーニューズは全国の桜の名所660カ所を予想地点とし、「開花」の定義も気象庁や他社の「5、6輪咲き」でなく「1輪咲き」。主な予想は福岡・舞鶴公園3月19日▽大阪・造幣局桜4月8日▽東京・上野公園3月23日▽宮城・白石川堤4月10日−ごろ。

 一方、ウェザーマップは15日の第2回予想で今月下旬から高温傾向が顕著になるとし、1回目に平年より「早咲き」とした傾向をさらに早め、福岡3月20日▽大阪、東京3月25日▽仙台4月5日−ごろとした。

 日本気象協会は今月3日に1回目の予想を出し「全国的に平年並みか早い」として福岡3月19日▽大阪3月29日▽東京3月23日▽仙台4月11日−ごろとした。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/science/358043/


早く、暖かくなるといいですね。

<<桜前線、平年より早めか 高温を予想、気象会社 | 天気予報ドットコムトップへ | 見ごろは? 桜の開花情報と桜前線>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa