天気予報ドットコム > 台風 > 台風18号接近 上陸の恐れ

台風

台風18号接近 上陸の恐れ

大型の台風18号が日本列島に接近しており、気象庁は14日、四国から東北の広い範囲で15日朝から16日夜にかけて、大雨や暴風、高潮に警戒が必要との見通しを明らかにした。

 気象庁によると台風18号は16日明け方から朝にかけて東海地方から関東に上陸する恐れ。接近に伴い、近畿から東北の太平洋側では暖かく湿った空気が流れ込み、15日朝から大雨となる。

 15日午後6時までの予想雨量は、東海地方で最大500ミリ▽近畿400ミリ▽関東甲信200ミリ。また15日午後から風が強まり、台風の進路では16日夜にかけて暴風が予想される。

 担当者は「湿った風が流れ込み続ける場所では雨量が増える恐れもある」と早めの避難を呼びかけた。

 台風は14日午後3時現在、日本の南を時速約25キロで西北西に進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速25メートル、最大瞬間風速35メートル。

記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/8067739/


今朝、もう雨が降っています。
残念な、連休になりそうですね。

<<ヤバイ! 10日は40度前後のおそれも | 天気予報ドットコムトップへ | 台風11号、12号、日本列島に連続接近か>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。