福岡でサクラ開花 全国トップ

19日、福岡管区気象台は、サクラ(ソメイヨシノ)の開花を発表しました。
平年より4日早く、昨年より3日早い観測です。
全国の気象台では、今年最も早い開花の発表で、ついに桜前線がスタートしました。
福岡では、16日から4月並みの暖かさになり、花芽の生長が一気に進みました。
きょうも福岡では17度(4月上旬並み)まで気温が上がる見込みです。


記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11313144/


いよいよ、お花見のシーズンですね。

楽しみです。

東京はまもなく開花! 全国の最新桜開花予想が明らかに

天気予報サイト「ウェザーニュース」を運営するウェザーニューズは3月15日、「第三回桜開花予想」を発表した。今回の予想は、3日間実施された「全国つぼみ調査」の4,108通の報告および「さくらプロジェクト」の協力者から届く桜リポート、最新の気象予測などをもとに算出されたもの。

同社によると、2016年の桜の開花は3月21日ごろに、西日本では福岡、東日本では東京から始まる。3月の第4週には九州〜関東南部で続々と開花する予想で、都心周辺では25日ごろ、福岡では26日ごろに見頃を迎えるとのこと。


関東地方でも開花は平年並み〜やや早めとなる見込みで、3月21日ごろになると全国に先駆けて東京から開花が始まる予想。3月末には関東北部へ開花前線が北上し、都心周辺の桜は早いところで25日頃から見頃を迎えるという。関東北部では、入学式のころに満開〜桜吹雪の時期を迎えるところもある予想。



詳しくは
http://news.livedoor.com/article/detail/11299374/

桜前線に異常あり? 鹿児島の開花予想、東京より遅く

北陸を中心に1月後半、寒波に襲われた日本列島だが、全体的に暖冬傾向のため、桜(ソメイヨシノ)の開花予想に異変が生じている。

3月23日が早く、東京と名古屋で26日、大阪では28日。

九州南部は遅めで鹿児島で30日という予想になっている。

一般的に桜の花芽には一定期間、寒さに触れることで開花が促される「休眠打破」という性質がある。

冬季に平年より気温が高い日が多いと、寒さが十分蓄積されず開花が遅れる傾向がある。
渡辺正太郎気象予報士は、3月もため、関東地方など平野部では成長が進み、暖冬による遅れと相殺されて平年通りと予想。

1月後半の寒波が影響し、開花が早まる可能性もある。


<春一番>関東などで吹く 都心では7.9度の暖かい朝 

日本海側にある低気圧に向けて南寄りの風が流れ込んだ影響で、1日は全国的に暖かい朝を迎えた。

東京都心では平年より4.1度高い7.9度を記録。

4月上旬の陽気となった。千葉県勝浦市では5月上旬並みの最低気温13.0度(平年3.7度)を記録。横浜市も6.4度高い10.0度だった。

2日は一転して冬型の気圧配置となり、全国的に気温が下がる見込み。週半ばには平年並みの気温に戻るという。

気象庁は1日、関東、九州北部、中四国地方に「春一番」が吹いたと発表した。


http://www.excite.co.jp/News/society_g/20130301/Mainichi_20130301k0000e040173000c.html

このまま、暖かくなって欲しいですね。
でも、暖かくなると、花粉の心配が・・・・。


子どもと一緒に! お花見情報2010


関東地方を始め、いくつかの地域で桜の開花宣言が出されました。

そこで今回は、子どもと一緒に楽しくお花見ができるスポットをご紹介します。


http://feedproxy.google.com/~r/allabout/all/~3/GdkqpD4zI6I/

桜開花予想ハズレ…

桜の開花予想合戦の勝者は? 気象庁は22日に東京で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表したが、気象庁は今年から開花予想から撤退。民間気象予報会社が予想合戦を繰り広げていたが、ウェザーニューズ社が的中させ、人気お天気キャスターの森田正光氏(59)が社長を務めるウェザーマップ社は直前の変更が裏目に出て的中を逃してしまった。

平年より6日早く、昨年より1日遅かった東京の桜開花。ウェザーニューズ社は22日、ウェザーマップ社は23日、財団法人日本気象協会は24日が開花予想日だった。

 森田氏のウェザーマップ社はもともと、22日を開花予想日にしていた。ところが、21日午後3時になって、予想日を1日遅らせて23日にした。

 桜は気温が15度以上になると咲くというデータがあり、22日の最高気温は15度に届かないという予想を組みこんだためだったようだが、そんな計算をよそに桜は22日に咲いてしまったというわけだ。ちなみに、この日の東京都心の最高気温は平年並みの13.6度だった。

 森田氏は22日のTBS系報道番組「イブニングワイド」で「前日に変えてすみません」と頭を下げ、「たった1日ズレただけだから、大目に見てください」と苦笑いするしかなかった。

 リベンジは「満開日」の予想になるが、ウェザーニューズ社は31日、ウェザーマップ社は4月2日、日本気象協会は4月1日と予想。また、ライフビジネスウェザー社は3月28日から4月3日ごろを、見ごろ期間と予想している。

 大阪は21日に開花した。

 【民間3機関の桜開花予想日】

機関名      予想日 勝敗 満開予想 勝敗

ウェザーニューズ 22日  ◎ 3月31日 ?

ウェザーマップ  23日  × 4月 2日 ?

日本気象協会   24日  × 4月 1日 ?


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/372142/

どうでもいい気がするけど・・・

見ごろは? 桜の開花情報と桜前線


お花見に欠かせない開花情報。

今年の開花予想とともに、見ごろや満開などの開花状況をチェック! 

「桜前線」「開花日」「満開日」や、桜を観測する意義も解説します。

http://feedproxy.google.com/~r/allabout/all/~3/Ac1I5ucgfd0/


早く、お花見をしたいですね。

春よ来い、早く来い!

桜の開花、ウェザーニューズは「遅め」予想

民間気象会社「ウェザーニューズ」(東京)は15日、今春の桜の開花予想を発表した。今月に入って冷え込んだ時期が続いたほか、3月中旬に寒さの戻りがあると見込まれ、開花は過去5年の平均と比べ全国的にやや遅くなるか平年並み、昨年に比べると遅くなるとしている。開花予想は気象庁が昭和30年から行ってきたが、今年から取りやめたため、現在は同社とウェザーマップ、日本気象協会の民間3社が精度を競っている。

ウェザーニューズは全国の桜の名所660カ所を予想地点とし、「開花」の定義も気象庁や他社の「5、6輪咲き」でなく「1輪咲き」。主な予想は福岡・舞鶴公園3月19日▽大阪・造幣局桜4月8日▽東京・上野公園3月23日▽宮城・白石川堤4月10日−ごろ。

 一方、ウェザーマップは15日の第2回予想で今月下旬から高温傾向が顕著になるとし、1回目に平年より「早咲き」とした傾向をさらに早め、福岡3月20日▽大阪、東京3月25日▽仙台4月5日−ごろとした。

 日本気象協会は今月3日に1回目の予想を出し「全国的に平年並みか早い」として福岡3月19日▽大阪3月29日▽東京3月23日▽仙台4月11日−ごろとした。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/science/358043/


早く、暖かくなるといいですね。

桜前線、平年より早めか 高温を予想、気象会社

 民間気象会社「ウェザーマップ」(東京)は25日、九州から関東甲信、北陸にかけて桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。2月から3月にかけて気温が平年よりも高くなり、早く咲く所が多くなりそう。

 予想によると、最も早く咲くのは3月23日の熊本(平年より1日早い)、長崎(同2日早い)、福岡(同3日早い)、高知(平年並み)。

東京は平年より4日早い3月24日、京都も4日早い同27日、新潟は3日早い4月8日など、鹿児島、高知の平年並みを除き、平年より早いとしている。

 同社によると、今冬は昨年12月後半から今月半ばにかけて冷え込んだため、桜の花芽が順調に休眠から覚めた地域が多いとみられる。東北の予想は2月15日、北海道は3月1日に発表する。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/349972/

早く、桜の季節になるといいですね。

サクラ、今年は早めか 

日本気象協会は4日、今年の桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。暖かい春が予想されるため、平年より早めの所が多くなりそうだ。

 気象庁の3カ月予報によると、2〜4月の気温は全国的に平年並みか平年より高い見込み。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/219025/

早く、暖かくなるといいですね。
でも、花粉症の人にはツライ季節?

花粉症の人は、こちらへ

花粉症対策ドットコム



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。